ご寄付で活動と利用家庭を応援してください

新宿区の働くママたちが中心となり、ボランティアで運営しています。

新宿区や新宿区社会福祉協議会から助成金をいただいていますが、助成金は食材費や会場費などの項目の5割程度にとどまるため、不足分を補填する自己資金が必要です。
ボランティア内でフリマや寄付を行って活動費を捻出していますが、その時々で必要な支援を行うためには、より多くの資金が必要です。みなさまのご寄付をお待ちしています。

 

私たちの取り組む課題

地域のつながりが薄れ、共働きやひとり親家庭のお子さんが遅い時間に一人で食事をとっているとき、経済的な事情で1日3食がままならないとき、親が子育てに困難を感じてしんどいとき、駆け込める場所がなくなってきました。今の時代は、何か仕組みがなければ、子どもを地域の大人が見守るのは難しい時代だと感じています。

 私たちは、地域センターでこども食堂を開催し、子育て世代を中心としたボランティア家族と、ちょっとしんどい思いをしている子育て中のご家族が、一緒においしいごはんを囲んで、楽しく団らんできる、おたがいさまの居場所づくりをめざしています。

 

寄付をお願いする理由

食堂にいらっしゃる方の安心安全のため、一切の写真撮影や取材を禁止しています。そのため、広く食堂の様子を広報して資金を集めることができません。
私たちの活動の趣旨に賛同いただける方からのご寄付をお待ちしております。
活動報告はこちら。https://www.facebook.com/kodomoshokudo.shinjuku

 

寄付金の使い道

毎月の食材費、会場費、食材運搬費、緊急食支援の食材購入費、緊急食支援の宅配費用、食堂運営費に使われます。クリスマスや新入学の時期には、プレゼント購入にも使われます。
食事提供では、月1回80食ほどを提供しています。1食あたり約500円かかります。1000円で2食分をご支援いただけます。
現在、9割以上の利用家庭がひとり親家庭です。また離婚調停中の方や、両親はいるものの重い病気で実質的にはひとり親家庭のような方もいらっしゃいます。食支援ニースが高いご利用者さんが多いことが私たちの利用家庭の特徴です。

 

*新型コロナ感染症の拡大状況により活動内容を変更しています。最新の取り組みはトップページをご覧ください。

新宿こども食堂たんすまち

みずほ銀行 新宿支店 (普通)2479216 

口座名義 シンジユクコドモシヨクドウタンスマチ

領収証は省略させていただいていますが、ご希望の方は下記にメールでご連絡ください。shinjuku.kodomoshokudo@aol.jp
※当食堂へのご寄付は税控除の対象とはなりません。

新宿こども食堂わかまつ

2021年3月で3年間の活動を停止し、新宿こども食堂たんすまちに活動を一本化しました。これまでの過去の決算報告は以下のボタンよりダウンロードいただけます。

*わかまつ食堂は2018年9月に活動開始のため、2018年度決算は2018年9月から2019年3月分までとなります。

*2020年度決算書には、2021年4月以降の助成金報告や団体解散のための事務処理経費及び寄付金が含まれます。

*最終的な繰越金526,757円は姉妹食堂「新宿こども食堂たんすまち」へ寄付しました。